テーマ:浦和レッズ

ああ達也

 3カ月以上放置していた当ブログであるけれども、こんな時には一言、何か書き記したい。浦和レッズが達也とは来季契約しないと、ついに発表した。  でもよく考えてみれば、シーズンがまだ終わっていない(しかもACLに向けてこんなにも大事な)時期にわざわざ発表するのは、達也のためなのだろう。引退するのなら、全部終わってからでもいいはずだから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なでしこの次は浦和でしょ

 ボール支配を高めて押し切り勝ちを目指す「なでしこジャパン」も、一発勝負の五輪では、カウンター2発でブラジルを沈めたんですね。  勝負だからいいんじゃないかと思いつつ、ブラジルがかわいそうにも思えてくるのは、なでしこに王者の風格が漂っている証拠。横綱相撲を期待するからこその厳しい注文なのである。  翻ってわが浦和レッズ。ボー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土砂降り鳥栖戦、そしてエメルソン!

 先日、土砂降りの万博でがんばったサポたちは凄いと思ったけれど、ゆうべの鳥栖戦、ゴール裏でがんばったサポたちも立派なもんだと思うぞ。  これすなわち、自分のことも褒めているんだけど。  前半の早い時間に梅崎が決めて先制。ハーフタイムあたりから本降りになって、こりゃ大変だなと思ったら、ほとんど土砂降りの中で平川さんが2点目。ウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

味スタへ、二度目の遠征

 26日の土曜日、味スタに行ってきた。  いづるが味スタに行ったのは、たぶん二度目である。一度目が何年前かは、もう忘れた。  覚えているのは瓦斯サポのいやーな感じ(失礼)だ。たしかその時、瓦斯は好調だった。戦前には「劣頭ごときに楽勝でしょ」「だって埼玉だし」みたいな言説まで飛び交っていた。味スタ(まだそういう名前ではなかったと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実はホーム皆勤中、の横浜戦

 土曜のたびに雨に降り込まれてうんざりしていた赤サポのみなさん、こんばんは。今日は、キックオフ時にはほぼやんでいて、よかったですね。  今季は「子どもの少年野球優先」を宣言しているいづるですが、土曜のたんびに雨が降って野球の活動が中止になるので、思いのほか参戦できています。マッチデーカードを確かめてみたら、なんとリーグ戦ホームは今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歓喜のホーム開幕戦 《レッズ》

 ゆうべ、録画しておいたホーム開幕戦を改めて見直して、「こんなにいい試合だったのか」と驚いてしまった。前半なんか、昨季の王者・柏を完全に押し込んでいる。実は「快勝」だったんだね。  スタジアムで見ていたときは、とてもそんな風には思えなかった。何しろ久しぶりの観戦でハラハラドキドキ、生きた心地がしなかったというか、手に汗を握ったとい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

空模様がすごく気になる 《レッズ》

 いよいよ明日は浦和レッズのホーム開幕戦。空模様が気になるという人も多いことだろう。  いづるもその一人である。でも、ふつうの赤サポとはちょっと違う意味で。  前回記した通り、今季のいづるは少年野球優先であり、子どもの野球とレッズの試合が重なった場合は、やむを得ずとはいえ、迷わず野球をとることにしている。ちなみに明日は午後か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

開幕雑観と、今季の観戦方針 《レッズ》

 あれほど待ちこがれた今季開幕戦が終わり、すでに3日。広島までの遠征はとてもかなわずテレビ観戦だったけれども、開幕前のふくれあがり過ぎた期待と、思うにまかせない現実との折り合いをつけるのに、それなりに時間がかかった感じ。  でも、こうして今季も浦和レッズの試合がJ1で観られるということだけでも、ホームタウンにサッカークラブを持つ幸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大原で野球観戦

 本日(土)午前中、少し時間があったので大原に行ってきた。  出遅れてしまったうえ、新都心駅で降りて適当に歩いたら道に迷ってしまい、着いたのは11時すぎ。練習はもう終わりかけで、選手たちはひたすら走っているだけだった。  コクーンの横をまっすぐ歩いていけばいいだけの道で、なんで迷うんだろうね俺(汗)  そういう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レッズのある日が戻ってきた

 気がつけばもう2月。今が1年間で一番寒い時期だけれども、あと1週間もすれば、日に日に暖かくなっていく春のサイクルに入るはずだ。  いづると言えば、相変わらずの張りのない生活。でも、浦和レッズの話題が増えてくると自然とウキウキしてくる。きょうも朝の通勤電車では迷わずサカマガを購入。阿部勇樹のインタビューを読んでにんまり、柏木のイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お正月、それなりに

 みなさま、あけましておめでとうございます。  高原が戻って来るとかやっぱり来ないとか、槙野が来ないとかやっぱり来るとか、阿部ちゃんは戻ってきてくれるんだろうとか啓太が大連に狙われているとか、移籍情報が色々飛び交うようになり、お正月も終了。ダンスシューズを脱いだりはいたり大変だよてげなもう。  ほぼ1カ月間ごぶさたしていたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歓迎、ミハイロ様

 旧ユーゴでは「ペトロビッチ」という名前の人がすごくたくさんいるのかな。言ってみれば「田中さん」みたいな。  かつて浦和レッズには田中さんが同時に2人在籍していたことがあり、一方を達也、一方を闘莉王ともっぱら呼んでいた。だから、今後は前監督をゼリコ、新監督をミハイロと呼べばよいのではないかと思います。新監督の愛称は「ミシャ」だそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弱り目にたたり目

 よわり・め【弱り目】弱った状態。弱った時。--に祟(たた)り目 不運の上に不運が重なること。「泣面に蜂」に同趣意(『広辞苑』第8版より)  ほかによく似た慣用句として「踏んだり蹴ったり」というのもあるが、これはしゃれにならない。  元気は猛省すべし。今の君には猛省しか、できることがない。  フロントにも猛省を促したい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三顧の礼

 さん-こ【三顧】(蜀の劉備が三たび諸葛亮の廬を訪れて遂に軍師に迎えた故事による)目上の人が礼を厚くして、人に仕事を引き受けてもらうよう頼むこと。-・の・れい【三顧の礼】優秀な人材を迎えるときに取る、手厚い礼儀。「--で迎える」 (『広辞苑』第6版より)  いま浦和レッズに必要なのは、まさに「三顧の礼」。すっぱ抜きがマスコミの仕事…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

リーグ最終戦、悔いなし

 FWを起用しない「ゼロトップ」の奇策むなしく、1対3で敗戦。ボールを収められるセンターフォワードが不在ならば、いっそ置くのをやめちゃおうという潔い作戦だったけれど、やっぱりだめだったね。首位と降格圏すれすれのチームの実力差がもろに出た試合で、敗戦もやむなしだと思う。  個人的には悔いなし。立錐の余地なき北ゴール裏というのを初めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡遠征回顧

 11月26日というのは、あの忘れられない日の1日前なんだね。浦和レッズが歴史を刻むにつれ、おれたちの記憶に残る日が、一日また一日と増えていく。  いづるは先週金曜日、前任地の福岡・小倉にいた。急な出張が入り、福岡戦前日に福岡県に行かなければならなくなったのである(ニヤリ)。  無理矢理入れた急に入った仕事は土曜の昼までにさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず「仙台」を食らう

 いっかいのサポに出来ることと言えば願かけぐらいなもの。というわけで本日昼、新橋駅前まで足をのばして仙台の牛たんをくらってきた。  牛たん「荒(あら)」の定食1500円。  「昼飯は500円以内に抑えたい」派のいづるにとって、牛たんは高嶺の花。写真のメニューで1500円というのはいかにも高い!! だが、俺たちの浦和レ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0-3の衝撃

 ハートに「12」の美しい人文字も虚しくジュビロに惨敗。さすがにつらい。  いづるの「定席」となりつつある北ゴール裏208入り口の上の方もすっかり埋まっていて、きょうはサポもチームも行けそうだと思ったんだけどな。  きょうの試合を観ていてよーく分かったのは、俺たちの浦和レッズはすごく弱いということ。何を今さらと言われるかもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷や汗、歓喜、そしてしんみり

 まだ全く安心できないとはいえ、3日前と今とでは見える風景が全然違う。横浜マリノス戦、ほんとに勝ってよかったよなあ。  土曜日、午前中の雨のおかげで、いづるは横浜にまっしぐらに進むことができた。アウエーのゴール裏、旗が翻るホットスポットで、浦和レッズのたたかいに加わったのである。  前半3分、セルがピッチのど真ん中で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

心を整えよ

 昨日いづるが言いたかったことは、こちらのブログで赤豆さんが丁寧に綴っておられることと同じ。とても心を打たれたので、いきなりで恐縮だけどリンクを張らせていただきました。多謝。  明日は雨の予報。雨が降ると、いづるの参戦を阻んでいるところの用事がキャンセルされる。するといづるは横浜までいけることになる。  だから雨が降ってほし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペトロありがとう、そしてごめん

 浦和レッズは20日、ペトロビッチ監督の解任を発表した。ペトロに期待していたという点では人後に落ちないと自負するいづるではあるが、今回の措置は仕方がないと受け止めている。自ら「辞める」と口にしてしまった人をトップにいただいたままでは、どうにも戦えないと思うからだ。  それにしてもペトロには申し訳ないことをしたと、クラブに代わって謝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼻の差で撃沈、悔しすぎる

 午前8時40分、都内のチケットぴあに到着。すでに8人が列を作っている。「出遅れたか」と思いつつ、ここで待つのが最善と判断して、待機列の後ろに。雨が降り始めた。  午前9時40分、販売員が申し込み用紙を配り始める。前の人はナビスコではない。何かの演劇公演のよう。  午前10時、携帯から電話の受け付け窓口に。まったくつながらな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

天皇杯の夜、宮崎を食らう

 俺たちの浦和レッズが天皇杯予選で宮崎産業経営大と戦っている頃、宮崎市内で地元名物を食らっていた。もちろん念を送りながら。試合のことはひとときも忘れていません(うそ)。  宮崎名物と言えば地鶏の炭火焼き。こちらでは「地鶏っこ」(じとっこ)と言うらしい。ほどよい硬さの肉質。嚙み締めるほどにじわりと味が出る。うまい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅崎デー、脇役はセルかな

 まさに梅崎デー。左アウトサイドを自由自在に駆け回り、前半のうちに2得点。後半も惜しいシュートを何本も放って、あのガンバ大阪をたじたじにした。  思えば大分から移籍してきてほぼ3年。このうち2年間は2度の大けがで棒にふった。その後も、ペトロの信頼を得るまでにほぼ1シーズンを費やした。  だから昨日は、梅崎の顔見世興行みたいな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行こうぜ、あの埼スタへ!

 けさ(というか昨日の朝)の朝日新聞の埼玉版に載っていた小さな記事、「きょうチケット発売」にあおられて、朝から仕事をさぼって都内某所のチケットぴあへ直行。バックロアーの特等席と言うべき「R席」3枚を購入した。  1枚4000円もするR席を買ったのは、実はこれが初めてである。財布に金が入っていないというのもあるけれど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハミングで歌う「アレ浦和」

 長居で戦われたナビスコ杯準々決勝、セレッソ戦を銀座で観戦。残業を抜け出してヒルズバーに行ってきた。  ネット上で飛び交う心ない罵詈雑言ばかりに接していると正直げんなりしてくるけれども、大人が集う(というほどでもないか)ヒルズバーには、古きよきサポがまだまだ棲息していた。  茂庭!のスーパーゴールで前半の早い時間に先制。リズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胸つぶれるような敗戦

 残留争いに完全に巻き込まれてしまったのは大変な事態である。けれどもきょうの敗戦はそれ以上に胸にこたえた。  ガンバ大阪は鹿島とならび、浦和レッズにとって最大のライバルだと思っていた。だけどきょう明らかになったのは、そんなこと恥ずかしくてとても言い出せないくらいの、彼我の実力の差。好きなようにボールを回され、好きなようにラインの裏…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

強い気持ちで

 あすは鹿国に乗り込んでの鹿島戦。  よりによってこんな時に、一番嫌な相手と一番嫌な場所で試合をしなければならない俺たちの浦和レッズ。ここはもう気力しかないでしょ。こういう時の俺たちの合言葉「凄まじいまでの勝利への執念」を、是非みせてもらいたい。  いづるは夕刻から吉祥寺で会合があるため泣く泣く欠席。鹿国遠すぎだっちゅーの。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浦和レッズの「再出発」と、ペトロの覚悟

 明日はもうアウエー清水戦なので、先日14日の大宮戦の感想を大急ぎで書いておきたい。いろいろな意味で強い印象が残った良い試合だったから。  ホーム埼スタで山形にみっともない敗戦を喫してからわずか3日、選手たちはよくぞ立て直した。しっかり走り、球際に厳しくあたった。セルは相変わらずシュートが下手くそで「もう見てらんないよ」という感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あすのナビスコ杯どうする

 本日火曜日の夜9時、まだ職場にいる。  これまでのサラリーマン人生の中では、まったく暇な余裕のあるポストなのだけれど、同僚の怠慢、もとい、やむなき事情により、いづるの仕事がまだ残っている次第。  この調子ではあすも残業しなければならない。っていうか、明日が残業本番になる可能性100%の情勢なのである。うーん困ったな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more