日本中で空を見上げる

 世紀の天体ショーが今朝、無事終わった。

 日本中の人々があんぐり口を開けてお日様を眺めていた頃、いづる家でも近所の空き地にでかけていった。お日様が月にどんどん隠されていくと、なんだかあたりは夕焼け時みたいな明るさ。ふと見ると、自分の影も二重になっている。おもしろい。

画像


 ちなみに、携帯を構えている右側の人物がいづる。左側は、謎の生命体である。

 さいたま市あたりは、日食がどんどん進んでいく午前7時ごろ、ちょうどいい感じの薄曇り。というわけで、手持ちの携帯電話でも欠けているお日さまをなんとか撮影できた(※よい子は決して真似をしないでください)。

画像


 金環になった時はちょうど雲が切れ、明るすぎて携帯では撮れなかったけれど、日食メガネで行儀よく観察しました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン ウェイファーラー

    Excerpt: 日本中で空を見上げる いづる別館/ウェブリブログ Weblog: レイバン ウェイファーラー racked: 2013-07-05 16:55