開幕雑観と、今季の観戦方針 《レッズ》

 あれほど待ちこがれた今季開幕戦が終わり、すでに3日。広島までの遠征はとてもかなわずテレビ観戦だったけれども、開幕前のふくれあがり過ぎた期待と、思うにまかせない現実との折り合いをつけるのに、それなりに時間がかかった感じ。

 でも、こうして今季も浦和レッズの試合がJ1で観られるということだけでも、ホームタウンにサッカークラブを持つ幸せというもの。険しい登り道も、行く手を遮る巨大な壁も、登山を楽しむように楽しみたいものである。

  *---*---*---*---*---*

 いづるは昨季、それ以前とは比べるべくもないほど熱心にスタジアムに通った。仕事上はじめて可能になったからで、数えてみたら20試合行っている(忘れているのも1、2試合あるかも)。その中には鳥栖のプレシーズンマッチもあれば、後から運良くチケットを手に入れたナビスコ決勝もある。残留を決めた福岡戦も、悔しい最終戦もあった。埼スタまで自転車で行く道を覚え、北ゴール裏デビューも果たした。浦和レッズは苦しんでいたが、自分としてはようやくサポーターの端くれになれたような気がした忘れ難きシーズンなのである。

 翻って今季は、再びテレビ観戦、それも録画による観戦が中心になるだろう。仕事が忙しくなったわけではなくて、5年生になる末っ子の少年野球にとことん付き合うことにしたからだ。

 長男は小学3年から野球を始め、高校卒業まで続けた。名を知られるような選手ではないにしても、親も一緒に楽しませてもらったよき思い出になっている。もう一度、あんな感じの体験をしてみたいと入れ込んでいる始末。まったく親バカでお恥ずかしいけれども、バカなのだから仕方がない。そういうわけで今季は再び、一ファンに戻ろうと思う。

 ぬるくてごめん。でも、ぬるい割には熱いという従来のスタイルは貫くつもりです。

 (3月10日 広島1-0浦和)

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック